2月24日 
 今朝からしとしととした雨が降っています。乳房山山頂は雨に煙って見えませんが、濡れた緑が鮮やかに光っています。このような雨がしばらく続くとグリーンペペが見られるかも知れません。
 グリーンぺぺはヤコウタケと言うキシメジ科のキノコです。暗闇の中で黄緑色に発光する様は神秘的です。
 母島では桑の木山で良く見られます。緑色の光を見られるでしょうか。
 2月25日 
 小笠原海上保安署と支庁港湾課による母島排出油防除訓練が行われました。昨夜の機材説明、事故事例などの講習会に引き続きオイルフェンス展張訓練が漁港にて実施されました。
 ひとたび事故が起こると海は勿論サンゴや海鳥、魚類に多大な影響が出ます。速やかな対応が必要となります。今回の講習会はその事を再確認させてくれました。
2月26日 
 ブーゲンビレア。桃紫色に見えるのは実は花ではなく、苞(ホウ)と呼ばれるもの。その中心部にある白い部分が花です。
ブーゲンビレアはよく、レイ作りに使われます。
島では、島を去る人へレイを送ります。船から投げたレイが島へ漂着すると、投げた本人も又、島へ帰ってくるといわれています。
 2月27日 
 丸の中に逆さの八の字模様。この植物の名前はその名もマルハチです。
今日もポカポカと母島を照らしている、太陽の光を捕まえようと、他の樹木と日照を競っていました。幹の"マルハチ"があまりにも素敵で、全体をとらえる事を忘れてしまいました。マルハチの全体像は又、次の機会に・・・。
 2月28日 
 スマトラ島沖で発生した大地震は記憶に生々しく津波の恐ろしさを認識させてくれました。今日、小笠原ではマグニチュード8クラスの東南海・南海地震が同時に発生した事を想定した防災訓練が行われました。最大津波の母島への第一波到達時間はおよそ94分高さ5.36mと予測されています。
 母島の避難所は診療所です。津波警報や注意報がでたら急いで避難しましょう。

2月24日〜