4月20日
一艘のヨットが沖港に寄港しました。
名をファンタジーといいます。
兵庫県から四国を回り、父島を経て、母島までやってきました。これで3度目の来島だそう。
船に立てたエンサインといわれる旗がオーストラリアの国旗に似ている為に和英辞書を手にヨットへ訪れた方もいたそうです(笑)
4月21日
 母島観光協会の裏にガジュマルがあります。何年か前記念植樹されたものです。丁度登りやすい大きさになり子供たちの遊び場になっています。
 南の島の景観を作っているガジュマルも、実は移入種で今後が心配されている稙物です。「絞め殺し稙物」が本領を発揮したら???と考えると大きな問題に行き着きます。
4月22日
 以前ご紹介したハスノハギリの実が沢山落ちてきました。
まず外側の柔らかい皮をむき、さらに薄皮を2回ほどむくと綺麗な光沢のある、黒いボールができます。
これにキリなどで穴を開け、アクセサリーに使います。
別名を
チャイニーズランタンツリー
〈中国行燈〉
と言いう、ユニークで可愛らしい直物です。
4月23日
 無人浜独活(ムニンハマウド)が満開です。
他にあまり草の生えない砂質地に、
白い花を茎の先にまとめて咲かせるので、よく目立ちます。
葉が明日葉と似ているので誤って食用にしてしまう人もいたようですが、
この種は食べられません。皆様ご注意を!!
4月24日
 昨日のハマウドに続き月桃(ゲットウ)も満開。
ゲットウの甘い香りに引き寄せられて蜂がみつを吸いにたくさん集まっていました。
 しかし台風の影響でしょうか、風がとても強く、房状になった花は全体に風を受けています。
今にもちぎれそうなほど大きく揺さぶられて、花が落ちてしまわないか心配になりました。
4月25日
 台風3号が近づいてきています。
漁師が船を上げていました。陸にズラリと並んだ漁船の列は見ごたえ充分。台風養生です。
先日ご紹介したファンタジー号も非難のため、父島へと行ってしまいました。
予報によれば27日夜直撃との事。
一方、漁師が船を上げると台風がそれるというジンクスもあります。
ジンクスが当たる事を祈るばかりです。
4月26日
 台風3号の降らす激しい雨が、海の色を変えてしまいました。
いつもは澄んだエメラルドグリーンの海が、赤茶色に濁っています。
この台風が魚や鳥達、母島の生き物に害を与えないと良いのですが・・・。
4月27日
 朝の雨風が嘘のように午後からの母島は明るい日が差していました。
通りを歩いていると、雨風に耐え切ったパッションの花が目を引き、
台風3号の与えた影響が僅かだった事を示しています。
3号が残した爪痕は僅かでしたが、これから台風の季節がやってきます。
小笠原の動植物達、一緒にがんばろうね!!
 4月28日
 いよいよ明日からゴールデンウィークが始まります。母島を楽しんでいただけるように連休中は南崎定期便を走らせます。手作りのバスストップに時刻表の掲示もすんで皆様のご利用をお待ちしていいます。
 島内一周便もありますのでご予約下さい。
 ご相談やお困りなことがございましたらお気軽に母島観光協会窓口にお越し下さい。
スタッフ一同お待ちしております。
4月29日
 今日からゴールデンウィーク。ははじま丸は定員ギリギリの混雑でした。
そして脇浜の海の中はたくさんのネムリブカで混み合っています。
先端を白く染めた可愛らしい背びれを、水面から出し、産卵の為に浅瀬でひしめき合っています。
これから6月にかけてどんどん集まってきます。
サメスイムをしてみたい方はぜひ母島までお越しください。
4月30日
 父島からPAPAYAという船が日帰りでやってきました。
台風の影響も無く海は落ち着いてきた様です。
30人にも近い人が乗船していると、母島の人口が急に倍になったような気がします。
これから本格的な夏を迎える母島。とても良い季節です。皆さんも是非一度おいでください。

4月20日〜