11月20日
 曇り空の午前中は気温も26℃ほどで過ごしやすかったのですが午後から雨になりました。午後4時の今現在は気温21℃と半袖では寒くなってきました。
 不思議なことに
毎年11月23日に行われる月ヶ岡神社の祭礼ガ過ぎるとぐっと気温が下がり皆、長袖を着るようになります。
 霧雨のような雨が島を覆っています。雨の日曜日ものんびり過ごせて良いかも知れません。休日には待ってましたと海や山へと遊びに行く行動的な島民も今日はゆっくりと部屋で読書でもしているのではないでしょうか。
11月21日
 今日は朝から大荒れの天気でした。ちょうど前線が通ったのでしょうか。ちょっとした台風並みの風と雨でした。夕方になってから雨も小雨に変わり風も少しやんできました。この便で来島された方々はお気の毒でした。特に調査でいらっしゃった方は作業はできたのでしょうか。
 時間をかけていらっしゃっても楽しいはずの旅が天候に左右されてしまうのは大変お気の毒です。雨の日に楽しく過ごせる企画を考えてはいるのですがなかなか形になりません。
各種体験教室が出来ると良いのですが。
11月22日
 午後3時頃におかしな雲が出ているとの情報が入りました。
外に出てみると北の方角になにやら恐ろしげな雲が出ています。また船客待合所の裏には波模様のような雲がでていました。
 夕日に焼けたらきっと幻想的だったかもしれません。生憎の曇り空でしかも夕焼けにはちょっと早かったので残念ながら見ることが出来ませんでした。
 変わった雲もいつの間にか消えてしまいました。
 明日は出港翌日の祭日に当たる為「今日の母島」はお休みいたします。
11月24日
 昨日は月ヶ岡神社の祭礼でした。今年は父島から神輿をかつぐために父島睦の面々がやってきました。学校の中庭にも入り威勢良く神輿を上げ、いつにない迫力です。
 月ヶ岡神社の祭礼は子供たちのチンドン屋から始まります。お祭が始まるよと言う合図でもあるのですが、ピエロやお姫様、カエル君、タヌキ君など様々な扮装をし楽器を鳴らしながら村を練り歩きます。その後、手作りの山車、子供神輿、大人神輿と続きます。
 夜は月ヶ岡神社の境内で小笠原太鼓を聞きながら島をあげての宴会となります。来年お祭の時期に来て見たらいかがでしょう。
11月25日
 今年も『赤い羽根共同募金』の時期になりました。毎年この赤い羽根を胸に着けた人を街で見かけると、そろそろ年の瀬が近いことを感じます。
 この共同募金に何故赤い羽根が使われているのか不思議に思った人はいませんか?実はこの赤い羽根、アメリカで水鳥の羽を赤く染めて使用していたのにヒントを得ているそうで、日本で最初にお目見えしたのは第2回目の運動からです。
 皆さんから頂いた寄付金は民間の社会福祉施設や社会福祉協議会などの社会福祉の団体によってさまざまな活動に活用されています。貴方も是非この機会に地域を支える縁の下の力持ちになってみませんか?
11月26日
 その名もグリーンアノール。いつもは鮮やかな緑色をしていますが茶色の枝にいる時は茶色に体色を変えます。ではタイルの上では何色になるのでしょう?どうしたら良いのか迷っているようです。足は緑、背中は茶色で落ち着きましたがこの後ピンクのタイルの上でますます迷ってしまいました。
 見た目はきれいに見えるこのトカゲ、脆弱な海洋島の小笠原では最強、最悪の捕食者で、固有の昆虫類を絶滅寸前まで追い込んでいます。かわいい、きれいでは済まされない問題です。捕食性移入動物が海洋島に与える影響の最悪の事例としてまた教訓として考えるべき問題でしょう。
11月27日
 毎年、この時期になると漁協前のガジュマルの大木が電飾の灯りを身に纏います。この大木は普段から島民の集合場所や憩いの場として心地良い日陰を提供してくれている、言わば母島のシンボルツリーです。その大木に今朝9時から青年会の人たちが電飾を付けてくれました。
 午後5時の点灯式が近づくと島の人たちが集まってきます。3・2・1のカウントダウンに合わせて電飾が点灯すると一斉に「ワァ〜 キレイ〜」というため息があちらこちらから聞こえてきました。
 さぁ、これで今年のクリスマスシーズンが幕開けです。煙突も無ければ雪も降らない南国のクリスマス。一体、サンタはどのようにして遣ってくるのでしょうか?
11月28日
 パンフレットに掲載された価格を見て思わず自分の目を疑ってしまった貴方、なかなかの小笠原フリークですね。
 満を持していよいよ本日発売になりました『小笠原自然体験モニターキャンペーン』。価格も中身も過去に類を見ない福袋企画です。
 残念ながら期間限定です。宿の数にも限りがあります。魅力的なアクティビティにも定員があります。全ては早い者勝ち!もしも貴方の中に「いつかは小笠原に・・・」という気持ちが少しでもあるならこの機会を逃す手はありません。
 先ずはツアーデスク(Tel:03-5776-2422)までお問合せを!!
11月29日
 天気予報は大当たりです。午前中は良いお天気でした。
天気予報は晴れのち雨。こんなに良いお天気だから当たらないだろうとたかをくくっていたら4時頃からものすごい勢いで雨が降ってきたではありませんか。学校帰りの子供達が傘を借りていきました。
 雨に濡れた草木や知面から湿った香りが立ちのぼってきます。
景色が煙って見えます。明るい青空は爽やかで気持ちが良いものですが、たまにはしっとりとした空気に包まれるのも穏やかな気分になり良いものです。植物達も喜んでいるようです。
11月30日
 観光協会の前を颯爽と走り去るのは皆様ご存知の消防自動車です。観光協会の前を走り去る姿に、もしや大変なことが起こったのでは??と表に出てみると、赤い車は程なく戻って来ました。どうしたのか尋ねてみると、いざと言う時に動かないといけないので、定期的に走らせているのだとか。そう言えば、内地ではよく聞くあのけたたましいサイレンを母島で聞いた記憶はありません。更にパトカーのサイレンも聞いたことが無かったような・・・。
 まぁ、車もバイクも鍵を付けっ放しで停めておける島ですからね。そんな長閑で安全な島をこれからも島民の皆さんと一緒に守り続けられればと思う今日この頃です。

11月20日〜