8月1日〜
8月1日
 本日よりおがさわら丸の入出港便がスタートしました!母島でも13日〜15日はお宿もいっぱいで、予約は厳しい状況です。
そんな中、ははじま丸に素敵な乗船客が・・・。
島を後にする女の子と手を取りながら(支えられながら?)見送られているのは、なんとイルカ君です!
実はこのイルカ、島の子供達が学習発表会で製作した力作です。
父島に来ている方に島の土産として、渡される予定で出発して行きましたが、はてさて彼の運命はどうなったでしょうか?
父島に残ったのでしょうか、それとも今頃おがさわら丸で船上の人ならぬ、船上のイルカ・・・。
内地で地下鉄に乗っているのを見かけた方は、温かい目で見てやって下さい。お願いします。
8月2日
 昨日の『今日の母島』に載せましたイルカ君、実は仲間がたくさんいるのです。
 ザトウクジラ君、マッコウクジラ君、アオザメさんにマグロ君、彼らは船客待合所で内地へ連れて行ってくれる人を待っています。と言うわけで、観光協会ではこの子達の里親になってくれる人を大募集しております。気に入った子がいましたら、観光協会のスタッフに声をおかけください(注:母島まで引き取りに来て頂ける方に限ります。)
もちろん写真を撮るのもOKです。母島の旅の思い出に一緒に記念撮影なんていかがでしょうか?
 それにしても、どの作品も小学生が作ったとは思えない精巧さ。さすが島っ子、身近で見ているだけのことはあります。
8月3日
 今日は朝から雨。ざぁっと降っては晴れ間が覗くと言うような状態を繰り返していましたが、午後にはどんよりした曇り空+雨となりました。
 小鳥の水場も枯れるほど最近雨が少なかった母島。ここ数日の雨に大喜びしているのか、裏のパパイヤにたくさん集まってきました。雨が降ると葉陰に隠れ、晴れれば飛び回り・・・鳴き声でとってもにぎやかです。あまりにたくさんいたので記念撮影してしまいました。見づらいですが、○をつけたところがすべてメジロです。上の葉や電線にもたくさん止まっていました。
 しばらく姿を見かけなかったメグロも雨の後はかなりの数の目撃があります。雨が降ると外出が億劫になることが多いですが、メグロと出会うには絶好のチャンスかも知れませんよ。
8月4日
 小笠原村商工会編纂の「小笠原 島かるた」が出来上がり、送られてきました。皆様からご応募いただいた島をあらわすキーワードが素敵なイラストと解説書付きでこのようなカルタになりました。
 勿論、母島のメグロやワダンノキも登場しています。
 「き」 キクの仲間 母島では 樹になるよ
 「く」 黒い目元 さえずり遊ぶ 村の鳥
そのほか、ははじま丸やロース記念館、貨幣石など母島キーワードもたくさんあります。
 カルタをやってみたい人、観光協会スタッフが読み人をしますよ。一緒に遊びましょう。
8月5日
 今年は乳房山でアカガシラカラスバトに遭遇する確立が高いとお伝えしていましたが、夏のハイシーズンに一役買おうと今日も第1休憩所からガジュマルの間で出没し、登山者を喜ばせていたようです。
 首の青い色がお分かりでしょうか。会ってみたくなるきれいな鳥です。今日はメグロの群れにも遭遇したそうですが、メグロに囲まれるなどめったにないことです。
 今年生まれた鳥達がひとり立ちし、今が1年で1番鳥の数の多い時期です。熱帯低気圧が来ていますが、今年生まれた鳥達にとって台風が最初に出会う自然の脅威です。
 幸いなことに、今回接近中の熱帯低気圧は、台風にならずにどうやら速やかに通り過ぎてくれるようです。                                                 撮影者:五木田晃宏氏
8月6日
 熱帯低気圧が、なんと!朝起きてみたら台風に変わっていました。とはいえ午前中は船客待合所前の海もたいした波ではなく、雨もパラパラと言った感じでした。
 台風は午前10時では、父島の東南東40キロにあり、中心気圧は990ヘクトパスカルでした。そろそろ西北西に抜けて行った頃だと思いますが、満潮時を迎え、波が荒く、大岸壁には時折波があがってきます。雨も横殴りで傘はさせません。
 雨に閉じ込められてしまった観光客の方々は残念でしたが、いつも出来ないのんびりぐうたら生活が出来たようです。
 ぎょさんを蹴っ飛ばしたら見事、表に返ったとか。当たればいいのですが・・・・どうでしょうか。
8月7日
 台風7号のあおりか、本日も晴れ(しかも雲多目)時々スコールといった不安定な天候。
島の観光客のみなさんも、少々うんざりぎみでしょうが、もっとうんざりなのが、本日父島到着のおがさわら丸に乗船していた方々ではないでしょうか・・・。
定刻より、4時間ほど遅れ、船の中から「(船酔いのため)とても母島まで行く気力がないので、すみません」とお宿のキャンセルのお電話があったほど。
さらに2時間かけて母島までいらして頂いたお客様は55人。
お疲れ様でした!来ていただいて本当にありがとうございます。
せっかく観光で、来て頂いたのに、申し訳ない限りですがやはり大自然にはかないません。これも「思い出」と、思っていただければ良いのですが・・・無理ですよね・・・。
ちなみに折り返しの18:30発のはは丸の乗船客数は4名でした。
8月8日
 先月『今日の母島』に何度も登場したパイナップル。葉先の部分は先が鋭く棘状になっており、折り取るのが大変でした。内地でもパイナップルを丸ごと買ってきたりすることがあるかと思いますが、実を食べた後のあの葉っぱ、みなさんどうしていますか?
 ご存知の方もいるかと思いますが、実はあの葉っぱ、土に植えて育てることが出来るのです!
下のほうの葉っぱをむいて土に挿すだけでOKです。しばらくは何の変化もありませんが気が付くとしっかり根付いています。観光協会で試食にしたパイナップルの葉っぱのほとんどは役場の方にお返ししました。(いくつかは観光協会のプランターに植えてあります。)
来年またおいしいパイナップルとなって戻ってきてくれることでしょう。
8月9日
 またしても船客待合所にお客様です!何度か船客待合所への迷い鳥の話題はお伝えしていますが
本日も・・・。なにやら鳥の声が響くなぁ、と思っていたらやはり迷い込んでいました。メジロが1羽。
あまり追い掛け回すのもいけないと思い、さりげなく近づいてみたりしてみましたが、建物内部を行ったりきたり、一向に出て行く気配なし。そのうち何度かガラスに当たっていたせいか、「ボー」としている感じ。
もしやと思い手を差し出しても・・・・あっ!逃げると思ったのにつかめちゃいました。でも力が入れられず
木から離せなくて一旦救出断念。しばらく睨み合いが続き、持久戦の様相をていしてきたところで、
しばし目を放した隙に窓にぶつかったらしく下に落下。
船客待合所内は一瞬凍りつき、衝撃が!しかし何とか、回復し飛んでいきました。ホッ一安心。
憂鬱な1日の締めくくりにならずにすみました。よかった、よかった。