3月1日〜

3月1日
 みなさん、「オガサワラシジミ」をご存知でしょうか・・・?
国の天然記念物に指定されている蝶です。けしてお味噌汁に入れて美味しい貝ではありません。一時は絶滅したかとも思われたのですが、母島では生き残っていることが確認されました。島民の有志によって「オガサワラシジミの会」が結成され保護、増殖のために活動をしてきましたが、“蝶マニア”による違法採取などを警戒しこれまで対外的には広報などを控えてきました。しかし、関係機関との連携も整い、さらに保護、増殖に力を入れるため、広報活動も行っていく事になりました。採取は禁止されていますので、
誤解を招かないよう、「昆虫採集される方」「オガサワラシジミの写真を撮られる方」には、観光協会への事前の連絡をお願いしております。皆さんのご協力をお願い致します。

                           今日の気温20度 晴れのち曇
3月2日
 クリノイガという小笠原ではトッツキと言われている植物です。父島の南島では人や鳥などにくっつき入り込んだものが多く分布し、島民ボランティアの手で定期的に駆除されています。母島にも集落近辺、前浜などに見られますがはびこるまでにはいたってません。しかし油断は禁物です。一度はびこってしまうと手に負えません。アノールトカゲももともと父島からたった数匹持ち込まれただけだったものが20年で固有の昆虫を絶滅に追いやったのですから外来種、恐るべしです。山や属島に行く時は必ず衣服の点検をして下さい。何かくっついてはいませんか?
 クリノイガは勿論撮影後に抜きましたのでご心配なく。
  今日の気温19度 曇り
3月3日
 ついこの間、海びらきで大忙しだったような気がしますが、早いものでもう3月。クジラたちも元気に泳ぎまわっています。私事で恐縮ですが、なんとか“水中クジラ”に遭遇すべく、ダイビングに出かけて行ってはいるのですが、なかなか会えずじまい。昨日も鳴り止まないソングの中をダイビングしてきましたが、結局会えず。ダイビング中に何回かクジラは出て来ているようなのですが、私はその幸運に恵まれず。そうこうしている内にザトウクジラシーズンが終わってしまうのでは…。と不安になっております。クジラ狙いのダイバーの方、お早めに…。

                           今日の気温20度 晴れ時々曇り
3月4日
 海岸の漂着ゴミは撤去しても次から次へと押し寄せてきて、いつの間にか様々なものが打ち上げられています。今日は厄介なゴミを漁協と協力し撤去しました。長くて重いゴムのようなものから長いパイプ、古びたペットボトル、漁具などなど。日本語ではない容器は見当たりませんでしたが、プラスティック製品の多いこと。
分解しないし、流れている時にカメが飲み込んでしまうこともあります。一人一人のモラルにかかわりますがそれだけでは解決できない大きな問題です。
 今月25日にまた大々的な海岸清掃を行う予定です。皆様方のご協力をお願いします。

                          今日の気温20度 晴れ
3月5日
 今日、小中学校で音楽発表会が行われたそうです。太鼓同好会の太鼓が置かれている船客待合所に、何日か前から「バチを貸してください」としきりに子供達が尋ねてきていました。(残念ながらバチは観光協会では所有しておりませんが)この日のための練習がしたかったのでしょう。みんな上手にできたかな?学校では週に1回“太鼓の時間”があります。母島に住んでいても小笠原太鼓は叩けない大人はいますが・・・。ひょっとすると子供達のほうが上手いかもしれませんね。小笠原太鼓の将来は君達に任せた!!(大人も頑張ります・・・)

                          今日の気温21度 晴れ
3月6日
 船客待合所のテラスに置いてある“ほったらかしの鉢植え”。(お水くらいはあげていますが)相変わらず、ほとんど世話をしなくても元気に育っております。そして、知らぬ間にアロエにもつぼみがついてもう少しで花が咲きそうです。今朝来て「おっ!」と思ったのですが、そこにあるのが日常になってしまうと、ちょっとした変化に本当に気づかなくなってしまうものですね。観光客の皆さんは来島されてクジラのブロウやブリーチに歓声を上げてくださいますが、ひょっとすると島の子供達には当たり前すぎて感動が薄れてしまっているのでは・・・?などと心配になってしまいます。「クジラなんか見るよりゲームやってる方が楽しい」なんて言い出す子供がいないと良いのですが・・・、それは大人の勝手でしょうか?

                          今日の気温22度 晴れのち曇り
3月7日
 昨年の夏場、多くの観光客の方から目撃情報が寄せられていたアカガシラカラスバト。繁殖時期に入り、久しく目撃情報もなかったのですが、今日乳房山にお客様を連れて入ったガイドさんから目撃情報が寄せられました。父島では繁殖が確認されていたのですが、母島では見かけられず、「どこにいるんだろう」と言われていたのですが、やっぱりどこかに隠れていただけかもしれません。子育てがひと段落して、ちょっと足を伸ばして出てきてくれたのかな?これからもできるだけ多くの観光客の皆さんの前に現れてみなさんを楽しませてください。身勝手な人間の本当に勝手なお願いですが。(画像は本日のものではありません)

                         今日の気温20度 曇り一時雨
3月8日
 本日はこれから7時より講演会があります。首都大学東京の西出真人氏によるムニンハナガサノキについての講演です。
“小笠原諸島固有植物ムニンハナガサノキもこれまで雌雄異株と報告されてきましたが、野外調査を通じて雄性両全性異株(雄個体と両性個体が共存)である可能性が出てきました。雄性両全性異株とは、被子植物の性表現の中でも非常に希な性型で、国内では2種でしか確認されておらず、小笠原諸島ではまだこのような性型があることは報告されていません。”
と言うことなのですが、ムムム・・・。難しそうなお話しです。でもちゃんと理解しようと努力しながら参加してきます。母島に住んでいると、こういった研究者のちょっと難しそうなお話を聞くのも楽しみのひとつになります。

                         今日の気温21度 曇のち晴れ
3月9日
 ポスターの写真ばかりで芸がないのですが、明日10日のおがさわら丸入港日に父島と母島のコーラスグループが合同コンサートを開きます。会場は母島小中学校の音楽室です。ウクレレの軽快な音に乗せて母島のオリジナル曲も披露されます。そして父島の美しいアカペラにうっとりしてしまうかもしれません。
 島では、このように様々な催しものがあります。その隙間を縫うように飲み会が開かれます。家でTVなど見ている暇はありません。島でのんびりと過ごすなんて無理のようです。でも楽しい忙しさは大歓迎ですね。

                           今日の気温21度 曇のち晴れ