7月1日〜
7月1日
 こちらの画像は本日行われた「東京都自然ガイド」の“能力向上講習”の模様です。講師は静岡大学の海野教授。南崎などに出向いて母島の地質についてのお話しをして下さいました。このように、自然ガイドに認定後も定期的に講師の方をお招きしてガイドの能力向上がはかられています。色々なお客様を満足させるためには、日々これ勉強です。夜には一般対象に講演会も開いて下さいます。内容は『地質学から見た小笠原諸島世界遺産の価値』。地質学的に小笠原は世界でも非常に貴重な場所なんです。観光客の方にも説明できるよう、お勉強してきます!

                            今日の天気 29度 曇りのち晴れ
7月2日
 発表はないですが、小笠原の梅雨もあけたようです。7月に入り夏本番。日なたでは暑すぎて日光浴なんてしていられない日差しです。みなさん来島の祭には日焼け止めは必需品です!調子にのって日なたではしゃぎ過ぎないように注意です!8月のいわゆるお盆にかさなる12日〜14日は、宿もうまって来ているようです。来島を予定されている方は、できればこの時期をずらしたほうが良いでしょう・・・。とは言ってもそこしか休めない方も多いのも事実。今年は台風も少なく、おが丸、はは丸が欠航することなく、毎便多くのお客さまを乗せて来てくれることを願う、観光協会事務局なのでした・・・。

                             今日の天気 30度 晴れ
7月3日
 ウッドデッキにあるアデニウムの花が満開です。今年は花のつきがとてもよく梅雨の明けた夏の空に濃いピンク色がとても映えます。毎年同じ環境においてあるのですが年によって花のつき方が違います。よく果実など裏年表年などと隔年で実のなり方が違うことをいいますが花も同じなのでしょうか。固有植物の花は、競争相手もいないし媒介する虫たちも昔からお馴染みなので、目立つ必要がありませんから清楚な色が多いのですが、熱帯の園芸植物は色が鮮やかで青い海と空にとてもよく似合います。集落内を歩いてみると島の人たちの庭にはピンクやオレンジ色のブーゲンビリアや黄色いアリアケカズラ、燃え立つような朱色のカエンボクなどが咲いています。集落を歩く時にちょっと左右に目を向けて、熱帯植物を楽しんでみてはいかがでしょう。

                             今日の天気 30度 晴れ
7月4日
 裏のガジュマルの木の実が熟し、メジロやイソヒヨドリがたくさん集まってきています。よく見ると美味しそうです。ガジュマルはイチジク属ですから実を割ってみるとイチジクのように無花果です。前浜のガジュマルの実も熟し、落ちた実が車に轢かれ道路を染めています。ガジュマルはガジュマルコバチという昆虫と共生関係にありこの虫がいないと結実しても発芽しないのですが、近年この昆虫が入り込み実生が増えています。コンクリートや石積みはいいのですが山に入り込み他の植物への影響が心配されています。
 裏の樹に集まってくるメジロの中にチッチの姿を探しています。見分けがつくはずの無いのですが。
 メジロたちにチッチの消息を聞いても知らん顔で夢中になって実をついばんでいます。

                             今日の天気 30度 晴れ
7月5日
 先日地質の講演会のお話しを紹介させていただきましたが・・・。なかなか難しいお話でした(注:私だけかも知れませんが)。昔、理科の時間に聞いたような言葉から専門的な言葉まで・・・。スペースもないし間違って説明すると問題なので、資料の一部を引用させてもらいますと、小笠原諸島は・・・“プレートの沈み込み帯における海洋性島弧の形成過程を、沈み込みの初期段階から現在進行中のものまで観察することができる世界で唯一の地域”なのだそうです。(この文章も難しい・・・)ちなみに何気なく見ている沖港の岩壁、ココには“火砕流が海に流れ込んだために発生した水中土石流の堆積物が見られる”そうです。機会があったら観察してみて下さい。

                             今日の天気 29度 晴れ
7月6日
 昨夜、クラブノア母島の海ガメ保護施設で、今年初めてアオウミガメが孵化しました。これは例年よりかなり早めの4月12日に産まれた卵達なので、次の孵化まではまたしばらく日数があくかもしれませんが、これからは、運がよければ産卵、孵化の両方観察できるかもしれない時期です。入港日の夜にはクラブノアでナイトレクチャーもありますので(お一人¥1,000円ですが)星空を見ながらの散歩がてら参加してみてはいかがでしょう?ところで昨夜の孵化ですが、107個の卵のうち孵化したのは15頭・・・。孵化率はかなり低めです。でも、残念ながら孵化できなかった他の卵たちの分まで、この15頭は大きな海で元気に育ってくれるのでは・・・と、大いに期待しています!

                             今日の天気 30度 晴れ
7月7日
 本日は桑の木山周辺で植生回復ボランティアによるアカギ駆除作業が行われました。内地からのボランティアさんに、父、母島よりの参加者を加え、30名を越える方々によりアカギの小径木の伐採、萌芽処理などが行われました。幸いにというか、お天気に恵まれすぎて、暑い中、文字通り手弁当で参加していただき、本当にありがたい限りです。最近こういったボランティア活動に参加するツアーなどのお問合せも頂きますが、いくらボランティアとはいえ、危険な場所で作業していただくわけにも行かず、適当な場所の選定など下準備に時間がかかり、簡単に受け入れられない状況があります。今後とも関係機関と連携しながら、多くの方に参加していただけるよう観光協会としても努力してまいりますので、宜しくお願いいたします。

                             今日の天気 30度 晴れ
7月8日
 7月に入り徐々に来島される方も増えている気配の母島。昨日桑の木山でのアカギ駆除作業を行った皆さんが、本日は島内観光、乳房山、南崎とそれぞれのオプショナルツアーにでかけられて行きました。炎天下でさぞお疲れと思いきや、戻られた内の何名かは、さらにアカギの箸作り体験もされました。このアカギの箸作り、すっかり定番のメニューのひとつになりつつあります。道具の数の関係で一挙に大人数は対応できませんが、今後とも継続していきたいと思います。また、秋か冬には講師をお招きしての第2回の木工教室も開催予定です。こちらの教室は島民主体になってしまうので、船の便など観光客の皆さんには都合の良い日程にはならないかもしれませんが、詳細が決まり次第またご報告させて頂きます。

                             今日の天気 30度 晴れ
7月9日
 団体のツアーとしてはアカギの植生回復ボランティアのみのはずだった今便ですが、おがさわら丸出港日の本日、予想以上に人が乗って行かれました。やはり7月ということで本格的な夏休みを前にお客様が動き始めたということでしょうか。それなのに、小笠原南海上にはくるくる渦を巻く雲の影が・・・。幸いといってはなんですが、沖縄方面に進んではいるようですが、海況には影響が出そうです。7月に入って雨らしい雨もふっていないので、一雨欲しいなぁ・・・などとも思いますが、やはり台風はご勘弁!

                             今日の天気 30度 晴れ