3月10日〜
3月10日
 久しぶりのベタ凪ぎです。お天気も良く観光協会のある船客待合所は日中気温24度まで上がりました。
 昨日、今日と乳房山に登られた方々はよい景色を満喫できたようです。ベタ凪ぎを逃すまいかと父島から小笠原自然文化研究所が母島で繁殖しているクロアシアホウドリの調査に来ました。その結果は後日報告があると思いますが、順調のようです。
 梅ではクジラが、陸では鳥が繁殖している様子。賑やかでうれしい季節です。

                    今日の天気 気温 21度 晴れ
3月11日
 またまた新刊のお知らせです。「海中散歩でひろったリボンーボニン島と益田一」中山千夏著・装丁和田誠・出版社ゆいぽおと
 ダイビング好きな著者がめぐり合った水中写真家であり魚類研究者でもある益田一さんの事が前半部分、中ほどには小笠原についてがあり最後はその題名にあるリボンの意味がわかるという仕組みです。
 小笠原の歴史書は様々あるのですがそれらをわかりやすく翻訳し、まとめてあります。小笠原諸島の歴史と文化を知りたい人は是非一読してみてはいかがでしょう。リボンの種明かしにもビックリのはず。

                    今日の天気 気温 22度 晴れのち曇り
3月12日
 今日は朝から・・・じゃなかった、昨日の夜から雨が降り続いています。午後になってますますよく降って来た様な気もします。クジラの周りに水溜りが出来て、心なしか彼(彼女?)達だけは楽しそうに見えます。出港翌日は休み!という人も多いのに・・・。乳房山に登るはずだった農業実習生たちは予定変更し、眠りを貪ることにしたとか。
 島の畑はパッションフルーツの花粉付けシーズンなのですが、天気が悪いと開花しないので、休息日になるか別の作業をすることになるか、だそうです。これから忙しくなる農作業、ゆっくり休んで体力回復してください。

                    今日の天気  気温20度  雨
3月13日
 静か沢にあるフルーツロードに見事なグァバが実りました。ソフトボール程の大きさといったら大げさですがそれに近い大きさです。乳房山や大沢海岸の遊歩道で見かけるのはキバンジロウという野生種で直径4cmほどです。この葉をお茶にすると血糖値が下がるなどと世間では騒がれております。島のお年寄りから種に薬効成分があるらしいと伺ったのですが、調べてみるとやはり葉に効果があるようです。人体実験の成果ではありませんが。もう少し熟れてきたら皆様に召し上がっていただこうと思います。
 手前の小さな実は食用ほうずきです。こちらもまだちょっと食べるのには早いのでしばしお待ちを。 

                     今日の天気  気温21度  晴れ
3月14日
 島ではタコノ葉の敷物やシュロッパのゴザなどを使用していると思っている方、誤解です。やはり畳なのです。でも畳屋さんなどいない島ですからこのようにコンテナに積まれて送られてきます。これは嵌め込むだけのようですが、以前は何年かに一度、内地から畳屋さんが来てくれていました。その時は民宿や都営住宅入居者でも古畳を取り替えたい人が大勢申込みをし、畳屋さんは限られた日数を大忙しで過ごしていました。
 春は移動の季節です。新しくなった畳の部屋に誰が来ることでしょうか。久しぶりに青畳の芳しい匂いを嗅ぎました。 
    
                  今日の天気  気温21度  晴れ
3月15日
 本日の母島は天気はスッキリしませんでしたが、海はご覧の通りベタベタのベタ凪ぎ!鏡のような海面でした。生憎の天気にもかかわらず、島民の船が行ったりきたりしていました。釣り?それともホエールウォッチング・・・?ははじま丸も昨日とは打って変って静かな航海になったのではないでしょうか。このまま夏の小笠原のベタ凪ぎの海が続けばよいなあ・・・とは思いますが、そんなに上手くはいかないでしょうね。そういえば、しばらく見なかったカエルの轢死体をちらほら見かけるようになりました。こんなところで春の訪れを感じてしまうのは不謹慎かもしれませんが、小笠原らしい気もします。

                  今日の天気  気温21度  曇り一時雨
3月16日
 昨日のはっきりしない天候とは打って変って、快晴ともいえる青空が広がった今日の母島。岸壁から海に飛び込む子供もいるほどの陽気でした。<(注)水が冷たいので大人はまだ泳ぎませんが>そんな中、バイカー達がわらわらと港に集まってきました。平和な母島にとっては異様な光景。「集会か・・・?」と思わせる雰囲気すらありました・・・がそんなことはなく、みんなで仲良く北港までツーリングに向かうとのことでした。でも、観光客の皆さん、「オレも北港までかっ飛ぶぞ!」などと思わないで下さいね。内地より道は細いし、たまにではありますが工事用の大型車両が走りますので。のんびりした島ではのんびりツーリングがお薦めです。

                     今日の天気  気温23度  快晴
3月17日
 ザトウクジラシーズン真っ只中の母島です。画像は昨日のダイビングの移動中の船から撮られたクジラのブリーチング。撮影者は一昨日のダイビング中に水中クジラにも遭遇して写真に収めたそうです。ダイビング中にクジラに遭遇できる場所は世界的に見ても非常に珍しいそうですので、ダイバーの方は是非是非クジラ狙いで母島にダイビングに来て見て下さい。すぐに見られるか、それとも何年越しかのチャレンジになるかは運次第ですが・・・。          (撮影: 長谷 篤 氏)

                  今日の天気  気温23度  曇り一時雨
3月18日
 爬虫類が苦手な人、ごめんなさい。一応固有種なのです。オガサワラトカゲです。なんと父島では侵略的外来種のアノールに食べられて減ってきているようですが、母島ではまだまだ健在で、地上だけではなく樹上でも見られます。このトカゲ、小笠原諸島の唯一の土着種で、別名オガサワラヘビトカゲとも言われています。蛇のようにいつでも目を開けているように見えるからだそうですが、それは透明なまぶたが閉じた状態で固定されているためだそうです。
 地味なトカゲですが、日本では南鳥島、南硫黄島にしか分布していないという貴重な種です。そう思うと何となく風格があるようなないような。。。 アノールの捕食で絶滅しないことを祈るばかりです。
 
                    今日の天気  気温23度  晴れ一時雨
3月19日
 今日は母島小中学校の卒業式。今朝のはは丸には父島からの来賓の方がたくさん乗っていました。
 母島中学校には制服がないので、卒業式ではそれぞれ思い思いの服装となります。今年は袴姿で出席した卒業生がいました。島では着物姿を見ることが珍しく(返還祭・納涼祭の浴衣くらい?)、なんとも新鮮です。他の卒業生達もワイシャツやブレザー、プリーツスカートなどの服装で出席していました。 
 普段がTシャツ姿なだけに、改まった姿になるとみんなしっかりして見え、「こんなに大きくなったんだな・・・」と感慨もひとしおです。
 卒業生の皆さん、おめでとうございます。
 新しい学校生活も頑張って下さいね。

                  今日の天気   気温23度  曇り