7月10日〜
7月10日
 おがさわら丸入港日。本日も良い天気に恵まれ、来島された多くのお客様、仕事の方々を乳房山が高い場所からではありますが、お出迎えをしていました。ところでこの乳房山、名前の由来は海から見たときに乳房に見えることからこの名がついたといわれています。確かに海側から見ると、高さの低めな円錐形には見えるのですが、乳房に見えるかというと…???母島と言う島の名前だったからそれにちなんで呼んだのかもしれませんが、真相は謎です。それともどこかピンポイントで「ここから見たらまさしく乳房に見える!」という場所が存在するのかも知れません・・・。追加情報ですが、ハハジマノボタンが咲き始めている様です。

                    今日の天気  気温30度 晴れ
7月11日
 夏の繁忙期を前に、船客待合所の芝生が綺麗に刈られました。人間の頭で言うとスポーツ刈りぐらいでしょうか。さっぱりとして清潔です。
 シンボルのザトウクジラは、一見すると一頭に見えますが、実は二頭なのです。よく考えるとこんなに頭でっかちで体長の短いのはいませんよね。一頭は頭を出しもう一頭は尻尾を上げています。実際こんな接近している二頭のクジラを海の中で見ることがあるのでしょうか。というのは置いといて、このクジラは子供たちの恰好の遊び場となっています。はだしになってよじ登ったりすべったり、かくれんぼをしたりと大人気です。きれいになった芝生が、足の裏にちくちくと快いことでしょう。

                     今日の天気  気温30度 晴れ
7月12日
 またまたカメの話題です。画像は数日前に撮影された孵化したばかりの子ガメです。・・・カラダが白いのにお気づきでしょうか?「白いカメとはめでたい!」と、つい思ってしまいますが、やはりこれは“異常”ということで、ただでさえ、親ガメにまで成長する確立の低いアオウミガメですが、奇形などの“異常”なカメが成長する確立はさらに低くなります…。「♪生きて生きて生きぬいて♪どの子もどの子も大きくなって♪またこの浜に帰っておいでよ…」 『アオウミガメの旅』の1節です。この歌をこの子ガメに聞かせてあげたい心境です・・・。ちなみにこの歌、いい曲です。思わず“うるっ”ときてしまうのですが、私だけでしょうか…。

                     今日の天気  気温30度 晴れ
7月13日
 新兵器(?)が登場しました!「えっ、どれが!?」と思われるかもしれませんが奥に見えている『泥落としで母島を守ろう』のマットです。マイマイのデザインもキュートじゃないですか…?
このコーナーでもたびたび紹介していますが、ははじま丸から降りる際、海水を浸したマットで泥を落としてもらっています。固有のマイマイの天敵プラナリアを母島に入れないためです。しかし、靴を濡らしたくない為か、中にはマットをよけて降りる方がいます。そんな方々の注意を促すためにこのデザインマットが登場しました。でも、海水が浸してあるのは手前のマット。こちらでしっかり泥を落としてもらい、マイマイのマットはあくまでも看板代わりですので、こちらは汚さないようにして下さいね。

                 今日の天気  気温30度 晴れ時々曇り
7月14日
 携帯電話が普及し、都内ではめったに公衆電話ボックスを見る機会がなくなりました。勿論母島でもdocomoの携帯なら一部地域では通信可能です。でも、しっかりと公衆電話ボックスもあり、そこにはメグロ、イルカ、ザトウクジラの声が聞ける装置が設置されています。しかもその声を公衆電話から送ることが出来るのです。受話器を自分でスピーカーに当てるというアナクロ作業ですが。
 そのひとつ、ハハジマメグロのボタンを押すと聞こえてくる声は、早起きしないと聞くことの出来ないメグロのさえずりです。メグロは夜明け前のほんの20分ほどしかさえずりをしません。林内で聞く鳴き声は、警戒や地鳴きなどです。でも山を歩いて聞こえるピーヨェという声のほうが、親しみやすいのは、耳慣れているからでしょうか。
 船客待合所の隣の電話ボックスに要注意です。

                 今日の天気  気温30度 曇りのち晴れ
7月15日
 観光協会窓口に、今までとはまた違った甘い香りが漂っています。プチパイナップルです!といってもそんな品種があるわけではなく、ただの小さいパイナップルです。しかし、窓口でこれを目にする人たちは口々に「かわい〜ぃ」と連発されます。画像ではわかりづらいですが、右の大きいほうでも実の縦の長さが10cm程度のものです。もう少し熟れてきたら食べられるはずですが・・・、この小ささ、さらに味の保証もないため、味見しだいではそのまま無かったものとして闇に葬られるかも・・・。その時はすみません。

                  今日の天気  気温30度 雨のち晴れ
7月16日
 天然記念物に指定されている小笠原のオカヤドカリ。動物注意!の交通標識にもなっていますが、今ひとつ地味な存在でクジラ、イルカ、そしてアオウミガメの影に隠れてしまっているような気がします。だからというわけではありませんが、特別ナイトレクチャーが開かれます。18日金曜日、20時からクラブノア母島で行われます。講師は和歌山・すさみの「エビとカニの水族館」の平井学芸員。なかなかエビカニの専門家のお話を聞く機会もないと思いますので、是非是非ご参加下さい。
もちろん、島民、観光客は問いません。カメの孵化も合わせて観察できるかも…。18日の母島はオカヤドカリ&ウミガメNight!なんちって。

                 今日の天気  気温30度 曇り時々晴れ
7月17日
 シマグワの葉が汚いレースの様に透けています。よく見ると葉っぱにぎっしりとアメリカシロヒトリの幼虫が付いています。全国的に問題となっているアメリカシロヒトリが5・.6年前から母島の集落はもとより山にも分布拡大してきました。年に3回ほど”毛虫の時期”が来るので最近は時期になると山歩きが怖くなるほどです。
 人間にとって毒はありませんが、今ではシマグワの葉だけに限らず固有植物の葉を食べてしまうので、今後問題になって来る事でしょう。
 船客待合所付近の毛虫は、家庭用殺虫剤を噴射したら、あっけなくぽろぽろと落ちてきました。でも山の中では他の生物に影響してしまうので手で取るなど地道に駆除するしかないようです。

                 今日の天気  気温30度 曇り時々晴れ
7月18日
 海から前浜を見て左側は、昔は左浜と呼ばれていました。カヌーでの漁が行われていた頃は、夕方、仕事を終えたカヌー達がお行儀よく並んでいました。今では、写真手前左側は、島民のプレジャーボート置き場になっています。今日は、夏のシーズンを前に、草が生い茂っていたやしの木周辺の伐採が行われ、とてもさっぱりときれいになりました。ははじま丸入港の際に一番目立つところです。これで気持ちよく観光客の方々をお迎えできます。
 左浜と言う名称が使われない今は何と呼ばれているのか気になりますね。悲しいことに”前浜の反対側”などと言われています。どなたか素敵な名前を考えてくださいませんか?

                 今日の天気  気温30度 曇り時々晴れ
7月19日
 船客待合所には、いつも観葉植物が飾られています。島の園芸家の方にお願いし毎月変えていただいています。今月はヘリコニアプシタコラムのすっきりとした花です。ヘリコニアには、様々な種類があります。葉がバナナの葉に似ているこの植物、実は同じバショウ科です。
 船客待合所での休憩時や出港を待つ間、少しでも皆様が快適に過ごすことが出来るように置かれている観葉植物。時には珍しいものが置かれている時もあります。熱帯地方特有の植物達を楽しんいただけたら幸いです。

                  今日の天気  気温30度 曇り時々晴れ一時雨