7月20日〜
7月20日
 ははじま丸が父島を出港する時には雨だったようですが、母島に着いてみるとご覧のような良い天気。本日はおがさわら丸出港日ということで、ははじま丸は折り返しで多くの人々を乗せていきました。毎年恒例の(?)夏休みの島民帰省第一便です。夏休みの始まった学校関係者、子供たちの多くが乗船して行きました。「本日のおがさわら丸の乗船客数は700人をこえる…」と噂されていましたが、果たしてどうだったのでしょうか…?観光に関係ない島民が脱出すると、入れ替わりに多くの観光客がいらっしゃるようになります。今月末からおがさわら丸の入出港便のスタート!夏の繁忙期の到来です!!

                    今日の天気  気温29度 晴れ
7月22日
 船客待合所に小さな訪問者がありました。体長約1.2cm。島ではカミキリムシ=ランプ虫のイメージがありますが、これはれっきとしたカミキリムシのようです。あわてて図鑑を引っ張り出し調べてみました。フトガタヒメカミキリかも。専門家に写真を送って教えていただこうと思います。正確なことがわかったらまたこのコーナーでお伝えします。
 昆虫類が激滅しているのは、いわずと知れたグリーンアノールの捕食のせいですが、アノールもしつこくしつこく捕獲していけば少しは勢力を阻害できるのではないかと様々な方法がとられています。母島では、オガサワラシジミを守ろうと環境省によるアノール排除区が作られています。
※ 専門家の方からフトガタヒメカミキリに間違いないとの連絡をいただきました。

                     今日の天気  気温30度 晴れ
7月23日
 余りきれいといえない画像で申し訳ございません。湾内にものすごい数の小さな魚の子供がいました。何万どころか何億という数です。どうやらイワシ(サッパ)の稚魚のようです。夕方になると島の釣り人たちが竿にサビキをつけて釣りを楽しみますが、多くはこのサッパ狙いです。じきに大きな魚のえさになってしまうのでしょうが、運良く生き残ったいく匹かも、人間の食卓に上ってしまいます。でもおいしい魚を食べて、島の子供たちは大きく、賢く育っていくので、良しとしましょう。

                      今日の天気  気温31度 晴れ
7月24日
 画像は“今日の母島”ではなく昨日の母島です。水平線上に少々雲が有り、グリーンフラッシュは見られませんでしたが、きれいな夕焼けでした。(残念ながら本日は雲が多すぎますが…)母島には新夕日が丘という夕日のスポットがありますが、集落から歩いていくには少々遠いので、この画像を撮った“静沢(シズカサワ)”がお薦めです。上り坂をあがって行きますが、ちょっとした運動といった感じで、散歩がてらのぼりましょう。幸運に恵まれればグリーンフラッシュも見られるかもしれません。時間に余裕があれば遊歩道の戦跡を見て、その後夕日。歩いていくなら缶ビールを片手に夕日を見るのも“いとおかし…”

                    今日の天気  気温30度 曇り一時雨
7月25日
 船揚場のコンクリートに出来た割れ目から月見草がたくましく伸びていました。雑草という名の草は無いと言いますが、島の固有種を見ていると帰化植物の生命力の強さに驚きます。日照りが続こうと台風が来ようと回復するのに時間はかかりません。台風の後、すっかり葉を落としてしまうアカギもすぐ芽を出しますし、ギンネムは一番最初に芽をふきます。
 この根性月見草もそんな帰化種のひとつです。亜熱帯のせいか、この個体に限らず内地のものと比べると萎縮しているように見えます。生命力が強くても在来種にちょっと遠慮しているのでしょうか。

                    今日の天気  気温30度 晴れ一時雨
7月26日
 島民の母島脱出第2便が出港していきました。繁忙期の観光客と観光に関係のない一般島民の入れ替わりの時期です。通常450人ほどの母島の人口はひょっとして400人を割り込んでいるのでは・・・。(正確にカウントしたわけではありませんが…)台風8号も小笠原には影響の無い方向に進んでいるようで、29日のおがさわら丸入出港便のスタートは無事に迎えられそうです。ところで、昨年行ったアオウミガメの放流会。今年は8月9日(土)を予定しています。少数ではありますが、保護施設に入っていた親ガメも放流します。かなりの巨体ですので、なかなか迫力があります。是非皆さんで見に来てください!
                        今日の天気  気温31度 晴れ
7月28日
 メカジキの水揚げ風景です。角のある立派な頭は釣り上げてすぐ落としてしまいますので「おかしらなし」になっています。メカジキはここ2年ほど母島で漁獲高1番を誇る魚です。このメカジキは100kgをきりますが大きなものだと250kgほどのものがあがります。
 漁師さんは体力勝負。自分の体重の2倍、3倍の魚と戦うのですから生半可ではできません。しかも相手は死に物狂いの上、危険な角や歯を持っています。尻尾でたたかれ腕を骨折した人もいるほどです。それに漁師さんって遠距離通勤だと知っていました?1時間半から2時間かけて漁場に行きます。、釣れない時は、釣り場を変えて走ります。そう思うと漁師さんが燃料値上げでストライキをする気持ちも良くわかります。でも、日本人の食卓から魚が消えるなんて寂しいことです。体力勝負に燃料勝負、頑張っていただきたいと思います。ちなみに小笠原ではストライキはありませんでした。

                        今日の天気  気温31度 晴れ      
7月29日
 本日よりおがさわら丸の入出港便がスタートしました。しかし、おが丸も500人に届かず、静かな入出港便のすべり出しとなりました。今年は心なしか観光協会への観光のお問い合わせが多く寄せられている気がしますが、果たして観光客の皆さんの動きはどうでしょうか・・・?台風8号は西にそれていっていますが、その台風の影響か、港にもうねりが入り始めています。繁忙期の天気はどうでしょうか・・・? 少しでも多くのお客様に少しでも満足していただくために、特に天候にはハラハラさせられます。そんな事を言ってもこればっかりはどうしようもないのですが・・・。台風が来なければ来ないで海水温の上昇とか、色々問題も出てくるし・・・。ほんと、人間とはなんと自分勝手でわがままなのでしょう・・・。

                        今日の天気  気温31度 晴れ
7月30日
 船客待合所のウッドデッキにあるチトセランの花が咲いていました。一時期TVで、マイナスイオンを出すとか、電磁波を緩和すると言われ、大人気となった植物です。
 サンスベリアと言われるリュウゼツラン科の植物で、トラノオ属だからか、黄緑色の葉に濃い緑が縞状に入っているのが虎模様に似ているからか、、島ではトラノオと呼ばれています。乳房山の入口からしばらくこのチトセランが道の両脇を囲んでいます。マイナスイオンの話が本当だとしたら登山開始からいきなり体にいいということになりますね。これから乳房山に登られる方は、白く上品な花を楽しんでみて下さい。登山しない方は、ロース記念館にもありますよ。勿論船客待合所もお忘れなく。

                        今日の天気  気温31度 晴れ一時雨
7月31日
 明日から8月。おがさわら丸入出港便の2便目です。いよいよ繁忙期という事で、島内の移動手段の確保が難しい母島では有償運送の定期便がスタートします。日によって南崎・北港の送迎。島内観光の3つのコースが設定されています。父島のははじま丸船客待合所。母島の各お宿に時刻表があります。前日夕方5時までの完全予約制ですので、予約がない場合は運休になります。皆様にはお手数をお掛けしますが予約をお願い致します。これから来島予定の方も事前に観光協会にお問合せいただければと思います。重ね重ねよろしくお願い致します。

                          今日の天気  気温31度 晴れ