9月1日〜
9月1日
 新学期も始まりましたが、船客待合所内が少々慌しい事になっています。昨年6月に25年ぶりに行われた南硫黄島の調査の、準備から調査内容までの展示会の準備が行われています。明日には見られるようになるかなぁ…、と期待していたのですが、なかなか大変なようで、3日のおが丸出港の乗り継ぎのははじま丸出港前には見られるようになっていると思います。3週間程度展示する予定ですので、機会のある方は是非是非ご覧下さい。25年ぶりの調査の様子を見るだけでもかなり面白いです。などと言っては申し訳ないほど本当の“探検”だったようです。

                 今日の天気  気温29度  晴れ一時雨
9月2日
 『「南硫黄島展」準備その後』です。本日はこのネタにする予定はなかったのですが、予想外に時間のかかる作業になってしまったため、今日もこの話題を取り上げました。“これは南硫黄島の調査以上の難事業かも・・・”などという話も囁かれているとか、いないとか…。(そんなわけはありませんが) 小笠原自然文化研究所主要スタッフ総出の難事業。果たして皆は無事明日の朝を迎えることができるのか!? そして、ははじま丸出港前にお客さんに見てもらえるのか!? 乞う、ご期待!などど冗談めかして書いてしまいましたが、写真パネルだけでもかなりの量で本当に大変のようです。ですので、皆さん本当に是非是非見に来てください。

                今日の天気  気温29度  曇り一時雨
9月3日
 完成しました!展示終了です。出港日の今日、意外とお客さんの多い船客待合所では、南硫黄島の展示は多くの人の足を止めていました。実際に行った解説者も今日はいます。どんな質問にも答えてくれていました。写真にある発泡スチロールは、南硫黄島探検隊の憩いの休憩所、「カフェ・パラディッソ」の看板を再現したもの。過酷な調査の合間に冷たいジュースやゼリー、店主特製焼き鳥などが振舞われたそうです。勿論調査中の鳥ではありません。
 南硫黄島の調査記録だけではなく隊員達の生活記録にもなっていて大変面白い展示です。実際に使われた道具なども展示されています。もう少ししたら標本も展示される予定。乞うご期待です。

                 今日の天気  気温29度  曇り一時大雨
9月4日
 今朝4時頃から7時頃まで、ものすごい勢いの雨が降りました。6時から7時までの1時間で約60mmの降水量だったそうです。報道で目にする内地の1時間で140mmという集中豪雨は、今まで人事のようでしたが大変なものなのでしょう。やっと想像できました。
 そんな雨も上がった大岸壁に、キョウギョシギがのんきにも忙しく歩き回っていました。頭の中は雨が上がってのんきな気分なのだけど、習性でちょこまかとせわしなく動いてしまうのだと言い訳しているのが聞こえたような聞こえなかったような。
 さて、明日の天気はどうでしょう。今日の久しぶりの雨らしい雨に草木は喜んでいるようです。

                 今日の天気  気温28度  大雨のち曇り
9月5日
 雨上がりの大岸に、ははじま丸が入港しました。お母さん達が続々と集まってきます。先日から移動教室で父島に行っていた子供たちのお迎えに来たのです。子供達は、一列に並んで帰還の挨拶をします。それぞれ父島で体験したことをひとこと話すのですが、これが学校ではなく船が着いたところで行うのが、まさに母島流です。お迎えの両親、近所の方々にするただいまの報告と言うわけです。
 父島でサッカーをしたことが楽しかった。友達が出来て嬉しかった。などの元気な感想に、お迎えの人たちは拍手を送っていました。身内の人だけでなく、皆でお迎えするところも母島流です。

                  今日の天気  気温28度  雨のち曇り
9月6日
 船客待合所の裏手は崖になっていて、上には月ヶ岡神社があるのですが、その崖の中間にはリュウゼツランが多く生えています。先日の雨でとても大きな株が落ちて来ました。根に当たるところを良く見ると白い芽のようなものがいくつもありました。これが地面から出てくるのでしょうか。本によると「花序に多くの管状の花をつけ、花後、結実した株は枯死する」とあります。雨で落ちたのではなく花が咲いた後の結実した株で、寿命だったのでしょうか。そういえば花と、大きな卵形の実のようなものが一緒にありました。見慣れているリュウゼツランでもしっかりと観察したことがなかったようです。ちなみにこれは葉にとげのあるアオノリュゼツランです。

                   今日の天気  気温29度  晴れ
9月7日
今日は海岸清掃で平島にやって来ました。入港後の日曜日ということで観光客の方達や学校の先生達も参加をしてくれました。天気も良く、海も良く、絶好の海岸清掃日和です!余程皆さん日頃の行いがいいのか、ごみは想像していたよりずっと少なかったです。それでも集めてみると個々に渡したビニール袋の中にはたくさんのゴミが入っていました。なぜか平島には発泡スチロールが多く打ち上げられています。海流の関係なのでしょうか?あと今日は注射器や、流されてしまったと思われるブイ付きの巨大な網がありました。今頃漁師も困っていることでしょう・・・皆さんもゴミは責任を持って持ち帰って下さいね。最後は皆海に入り気持ちよく一泳ぎしました。

                   今日の天気  気温31.5度  晴れ 
9月8日
 最高のべた凪です。沖港は鏡のよう。ぽっかりと浮かんだ雲が海に映って、気持ちのよい午後です。平島や二子島の白い砂浜もくっきりと見えるほど空気も澄んでいます。昨日の海岸清掃をした平島の砂浜には、ゴミのひとつも見当たりません。と言いたくなりますが、いくらなんでもそこまでは見えませんでした。
 こんな日はドボンと海に飛び込んで沖まで泳いでいったらどんなに気持ちがいいでしょう。と、シャッターを切ったら、その気持ちを知ってかイワシの大きな群れがまるで誘うようにピチピチっと跳ねました。
                    今日の天気  気温31度  快晴
9月9日
 返還40周年の事業は村の様々な団体から出された企画を実行委員会が選出し、実施されます。その中で島のフラが企画した東風とフラ・オハナのセッションが開催されました。島のフラグループは、以前から東風の「ハイビスカスの花」という曲を歌い踊っていました。今回その作曲者である東風に来ていただきライブとフラとのセッションが実現したと言うわけです。
 母島での会場は母島小中学校の芝生の中庭。東風の素敵な歌声で踊るフラに皆、うっとりしていました。ライブも大変楽しく、あっという間に時間が過ぎてしまいました。フラもさることながら東風のファンになった方も多いようです。

                      今日の天気  気温31度  快晴