9月10日〜
9月10日
 今年もほったらかしにしているランがきれいに咲きました。朝見たら1輪だけしか咲いていなかったのですが、午後になったらあっという間に8輪も開花していました。去年の開花は10月でしたから1ヶ月早いようです。数えたらつぼみが29個もあり、年々増えていくようです。
 他の植物の開花はどうでしょうか。やはり気温や台風の影響や降雨量などで毎年違ってくるのでしょう。それにしてもよくここまできれいな花を咲かせてくれるものだと、何にもしない我々は感心してしまいます。
                 今日の天気  気温31度  快晴
9月11日
今朝の母島丸入港時の光景です。つい先日も似たような写真が載っていたと思いますが、今回は中学生バージョンです。父島で移動教室が行われ、本日無事帰還したところです。生徒一人一人の感想は皆、水泳大会についてでした。どうやらリレーでは母島チームは負けてしまった様ですが、個人競技で記録を出した生徒も何人かいたらしく、水泳記録賞の表彰式をしていました。是非今度の大会では実力を発揮して父島に勝ってもらいたいですね。島ではまだまだ泳げます。今のところ海はいいのですが、近くに熱低できましたね。。。これからの台風は大きくなるとか。ドキドキです。

                今日の天気  気温32度  快晴
9月12日
 また、このラン?余程ニュースがないのだろう。などと言われてしまいそうですが、あまりにも見事に咲きそろったのでやはりご紹介せずにいられませんでした。29輪全てが咲いています。こんなことは、初めてです。この派手な色が、緑の芝生と真っ青な空に生えるのです。なんと!隣の鉢の別のランも花芽を付けているではありませんか。
 山の植物の実にも影響があるのでしょうか。9月に入ってからも南崎や北港でアカガシラカラスバトが目撃されています。8月より気温は確実に高くなっているようです。

                 今日の天気  気温31度  快晴
9月13日
 どこの風景かと思ってしまいますが、いつもの沖港岸壁です。貨物船が2隻停泊して、工事用の資材を下ろしているところです。手前が鳳生丸、奥がいつもの貨物船共勝丸です。朝から建設会社のダンプトラックがひっきりなしに運行していました。今日は入稿日。ははじま丸の入港までに仕事を終わらせなくてはなりません。
貨物用の岸壁も人間用の岸壁も同じですから大変です。必死に仕事をした結果、ははじま丸入港の14:40には影も形もなくなって、岸壁はきれいになっていました。さすがプロです。ははじま丸の乗船客数も久しぶりに多かったようです。

                  今日の天気  気温31度  快晴
9月14日
 明日の敬老の日を前に、母島では「敬老の日の集い」が行われました。といっても午後5時スタートですので、この文章を書いている少し前から始まったのですが…。子供たちの小笠原太鼓、歌、合唱サークルの方々の歌なども披露され、お祭りと同様、手作り感いっぱいの催しです。料理も婦人会の方々が朝から準備したもので、例年のことながら島民全体の行事の一つです。都会から来た観光客のみなさんにしてみれば、この“手作り感”に、ちょっとした「カルチャーショック」を受けるかもしれませんが、それがまた、小笠原母島の良いところでもあります。

                  今日の天気  気温31度  晴れ
9月15日
 ジャ〜ン!現在、船客待合所で行われている「南硫黄島」の展示に貴重な資料が追加されました。画像は南硫黄島の調査の際捕獲されたヤシガニの標本です。ヤシガニ自体は珍しくはありませんが、小笠原諸島における公式記録はないようで、父島の南島で発見事例があるだけのようです。結構りっぱなヤシガニです。食べたらさぞやおいしかったのでは…。などと不謹慎な事も考えてしまいますが、そこは調査のためです。この他にも貴重な昆虫の標本なども追加されましたので、是非この機会にご覧いただければと思います。(本当に貴重な物を各所のご協力のもと展示させていただいておりますので是非是非!)

                  今日の天気  気温31度  晴れ
9月16日
 本当に貴重なものが展示されているので、「南硫黄島」展の第2弾ということで、2日連続で同じようなネタで申し訳ございませんが、ご容赦下さい。画像は“ミナミイオウヒメカタゾウムシ”の標本です。1982年の前回の調査で発見された南硫黄島固有属固有種の昆虫です。小笠原に見られるヒメカタゾウムシの仲間とも、太平洋地域のほかのいくつかの属とも共有する特徴をそなえているようで、その起源や所属は未だに明らかになっていないようです。もちろん一般の人は入れない南硫黄島ですが、こんな貴重な生物達の宝庫ともいえる島に一度は行ってみたいものです。
(でも、本当に危険もいっぱいのところのようですが…)

                  今日の天気  気温31度  晴れ
9月17日
母島沖港から平島を見た風景です。今日も暑い一日となりました、気温はなんと32℃!!東京も29℃ということでまだまだ暑い様ですが、母島は太陽の日差しがとても強いので、本当に暑く感じます。ちょっと外を歩くだけでクラクラしてしまう程です。それに湿度はなんと80%以上!!まだ当分こんな日々が続くと思いますので、これから来島される方は熱中症にも充分注意して下さいね。さて、今日海は見た目は少しザワザワしていましたが、意外に凪だったそうです。ただ、小笠原の下に熱低ができて、台風13号のうねりなども入ってくるもようですので、明日からは少し悪くなりそうな感じです。いつもベタ凪だったらいいのになあ。。。

                  今日の天気  気温32度  晴れ
9月18日
今日も蒸し暑く、陽射しの強い一日でした。あんまり暑いので海の中に飛び込んでみました。写真はダイビングの時のものですが、沈船の所に居た『ロウニンアジ』です。アジ科の魚で最も大きくなる種だそうですが、大きさを聞いて驚かないで下さいね、なんと2メートル近くあったそうです。それでこの顔ですから、貫禄があるというかちょっと恐いというか。。。釣り人達の間ではGTと呼ばれ、その引きの強さ、パワー、速さが魅力の魚だそうです。一度は釣ってみたいですね。でも海の中でも会ってみたくはないですか?是非ボニンブルーの海に潜りに来てみて下さい!

                   今日の天気  気温31度  晴れ一時雨
9月19日
 本日も1日暑い母島でした…ので昨日に続き海の中の話題を。この画像、何か分かりますでしょうか?
実は和式便所です。蓬莱根の少し沖に戦時中に沈んだと言われている船が(といっても船首部分を残し、残骸になりかけていますが)あります。“蓬莱根沈船”と言う名のダイビングポイントになっていますが、この和式便所も何十年の時を経てこのような姿になっています。かつての使われ方を知らずに、魚達の隠れ家になっているのでしょうか…?水が澄んでいれば海上からでも沈船の姿は確認できますが、じっくりご覧になりたい方はやはり、スクーバダイビングで是非潜ってみてください。

                      今日の天気  気温32度  晴れ