小笠原母島「私の母島」フォトコンテスト2017入賞作品

これらの作品の著作権は母島観光協会及び応募者個人にあります。 一切の使用、転載、加工等をお断りいたします。

最優秀賞(母島の自然)


「息ふき返す」

東京都 助川 千絵子 様

撮影場所:石門

コメント「定住5年目にして初めて足を踏み入れた石門。島全体が渇水に見舞われていたあの頃、久しぶりの雨が島全体に降り注いだ日だったので、山の木々から喜びを感じ取れる、そんな写真を撮ることができました」

優秀賞(母島の自然)


「シャボン玉」

東京都 関口 優 様

撮影場所:サンセットシアター

コメント「毎日違うキレイな夕焼けはキリがない」

優秀賞(母島の動物・植物)


「昼間なら大丈夫」

東京都 宮川 五葉 様

撮影場所:脇浜なぎさ公園

コメント「春先になると産卵のため浅瀬に集まってくるネムリブカ。触れる距離のサメはおとなしいとわかっていてもちょっと怖い…けど興奮します!」

優秀賞(母島の暮らし)


「2歳児、探検中」

愛知県 三宅 学 様

撮影場所:清見ヶ岡鍾乳洞

コメント「初めて訪れた小笠原・母島。到着後すぐに訪れた清見ヶ岡鍾乳洞。 ヘルメットが少し大きかったけど、わくわくが止まらないご様子。 1人で探検だー。」

審査員特別賞

会長賞

「母島成人式」

東京都 寺戸 幸枝 様

撮影場所:前浜

コメント「着付けのできる美容院の無い中たくさんの人に助けていただき、ぶじ振り袖姿で成人式を迎えることができました。 空中を泳ぐ金魚か錦鯉のようにみえた彼女たちの姿は、まるで合成写真かのようにも見え、母島の青空にも負けない日本の着物のもつエネルギーの凄さを感じます。 「青空」「椰子の木」「振り袖」自分の成人式のときにもこんな写真が欲しかった!と思うような羨ましい一枚。 中3のときの船待LIVEのバンド名で乾杯するのが夢でした。おめでとう!」

藤井大作賞

「母島の夜!」

東京都 高橋 乃枝瑠 様

撮影場所:サンセットシアター

コメント「満点の星空をひっそりと見上げる植物が素敵だなと思いました。」

つきドルフィン賞

「月下」

埼玉県 浅野 夏子 様

撮影場所:小笠原母島観光協会横

コメント「雲が晴れて現れた月にくじらが導かれているよう」

茂木永楽園賞

「羊歯の森」

東京都 小林 佳子 様

撮影場所:堺ヶ岳付近

コメント「雲霧帯はシダの世界が広がります。」

佳作

「空の通り道」

東京都 野澤 ちづる 様

撮影場所:脇浜

コメント「友達と遊んでいた時に撮ったものです。海が満ちていたので、水が歩く所にも来ていてとてもきれいでした。母島の自然のきれいなところを、たくさんの人達に知って貰いたいです。」

「飛び立つ3秒前」

神奈川県 廣野 枝里子 様

撮影場所:南崎

コメント「現在は母島でしか会うことができないというメグロに会いたいなぁと思い、南崎へ向かって歩き出すと、途中複数のポイントでメグロが迎えてくれました!うれしくて何度もシャッターをきりましたが、その中でもひときわメグロの表情がキリッと凛々しく撮れたお気に入りの一枚です。小笠原固有の植物とメグロを同じフレームに収められた点も良かったです。」


「母島の娘たち」

福島県 加藤 修 様

撮影場所:沖港

コメント「ははじま丸のお見送りのため鯨のぼりを振ってくれる娘たちでした。おそろいの衣装はお母さんの手作りでしょうか。素朴な笑顔がとお~~ってもかわいいです」

「夢をいっぱい乗せた船」

山梨県 矢野 祐子 様

撮影場所:鮫ヶ崎展望台

コメント「初めての小笠原諸島へ夫婦ふたり旅。天気にも恵まれ人生で最高の旅となりました。東京育ちの私にとって、まさに東京の別世界。固有の動物や植物にも出会い、守るべき自然が残っていました。また、いつか絶対、必ず、夫婦で訪れたいです。待っていてください、ははじま丸!」

×閉じる
Copyright(c) 2017 Hahajima Tourism Asociation. All rights reserved.